高収入の薬剤師の求人にはどういったものがあるか

薬剤師は、医療機関や製薬会社、介護施設など様々な現場で重宝されており、将来性のある分野でキャリアを積むことで高収入を得ることも可能です。収入が高い薬剤師の求人の種類には新薬の研究開発や大学病院の病棟などがあり、職場によっては求人の応募条件として博士や修士などの学位や調剤業務の実務経験を求めるところもあります。

製薬会社で新薬の研究開発に携わる薬剤師は定年まで恵まれた条件で働きやすい

製薬会社で新薬の研究開発に直接携わる薬剤師は、多種多様なジャンルの医薬品の専門知識が求められますが、定年まで恵まれた条件で働きやすいといった大きな魅力があります。国内外で事業の拡大をしている製薬会社においては、自社内で研究者を育成するため、実務経験が無い新卒者や第二新卒者を研究部門に配置したり、様々な機会に専門的な研修を実施したりしているところも少なくありません。

そうした中、薬剤師の資格を取得してから製薬会社で働きたい人は、医療関係の求人数が多いサイトを使って将来性のある会社を探してみるのがおすすめです。また、人材育成に定評がある製薬会社の中には、研究開発の仕事に興味を示している大学生や大学院生を対象に、就職説明会やセミナーを開いているところもあります。

そのため、実際に研究開発の現場で長く働いている薬剤師の話を聞いたり、採用選考のポイントを押さえたりしたい人は、就職活動の合間に志望企業のイベントに参加をしてみると良いでしょう。なお、研究開発の分野で高収入を得るには、勤務先によって海外の製薬会社でのキャリアや特許の出願などが必要となることもあります。

そこで、求職中に各社の給料のシステムについてきちんと確認しておくことが重要です。

大学病院の病棟なら業務を通じて調剤や服薬指導のスキルを磨きやすい

大学病院の病棟に勤務をする薬剤師は、他の医療現場と比べて様々な疾患を抱えている患者と接する場面が多くあります。そのため、若手の薬剤師にとっては、業務を通じて調剤や服薬指導などのスキルを磨きやすく、将来に向けて自分に向いている仕事を探しやすいといった魅力があります。

特に、難病指定の疾患を抱える患者の治療をメインに行っている大学病院においては、薬剤師に求められる知識や水準が高くなりますが、その分待遇面で不満なく働くことが可能です。医療従事者のキャリアアップのサポートに力を入れている大学病院では、病棟勤務の医師や看護師だけでなく、薬剤師に対しても様々な形で研修の機会を設けているところが少なくありません。

そのため、若くして調剤や服薬指導など薬剤師として欠かせないスキルをしっかりと習得したい人は、希望の勤務地の周辺にある大学病院の求人をチェックして、20代から30代のスタッフの研修のカリキュラムや教育期間の長さなどを比較することがおすすめです。

その他、大学病院の薬剤師の求人募集が行われる時期は、それぞれの病院の人事の方針によって違いが見られるため、早いうちから気になる病院のホームページに目を通しておきましょう。

人手が不足しがちな介護施設では好条件の求人が募集されることも

年間を通して人手が不足しがちな特別養護老人ホームや老人介護保険施設などの介護施設の中には、医療ケアの質を高める目的で、薬剤師をはじめとした医療関係の有資格者を好条件で募集しているところが少なくありません。

特に、過去に病院や製薬会社、在宅医療など様々な現場で働いたことがある薬剤師については、介護施設でも力を発揮できることがあります。そこで、気になる職場を見つけた際は、ためらわずに求人先に問い合わせをすることがおすすめです。

最近では、介護施設における薬剤師の役割や主な業務内容について、求職者を集めて詳しく説明をする介護施設の数が増えています。そうした中、介護施設での経験が無い人は、都合が良い時間を使って興味がある施設で行われているイベントに足を運んでみると良いでしょう。

一般的に、薬剤師も介護職員や看護師と同じように夜勤を担当する介護施設においては、勤務時間や出勤日数に応じて高額な手当が支給されることがあり、就職をしてすぐに年齢が若い人もしっかりと稼ぎやすくなっています。

その他、一人で大人数の高齢者の服薬の管理や指導などを担当する場合は、少なからず体力的な面で負担が掛かるため、なるべく定期的に休みが取れるところを職場の候補に入れることがポイントです。

→老人ホームでの薬剤師の求人について

総合的な能力が高い薬剤師はドラッグストアでも活躍できる

ドラッグストアの薬剤師は、医療機関や介護施設などと比べると、重い疾患を抱える人に対応する機会が少なく、高度なスキルを持たない人でも採用されやすくなっています。また、仕事内容もルーティーンワークが多く、先輩に指導を受けたりマニュアルを確認したりすることで、若年者や再就職者も短期間で一通りの仕事内容をマスターすることも可能です。

一般的に、ドラッグストアの薬剤師の収入は医療や介護などの現場と比べると低い傾向が見られますが、大手の店舗に勤める場合には、現場で経験を積んでから店長やマネージャーなどの責任者になることで、大幅な収入アップを期待することができます。

ドラッグストアによっては、管理職を目標とする薬剤師を対象としたリーダーシップ研修やマネジメント研修などが行われることもあり、本来の業務の合間を縫って将来に向けて必要なスキルを習得できるようになっています。

なお、薬剤師に期待されるスキルについては、それぞれのドラッグストアの運営方針や店内での役割などによって異なります。そこで、就職活動中に自分のキャリアや適性を生かすことができる職場を見極めることが肝心です。

なお、順調に薬剤師として成長するには、無資格の店員や登録販売者など他のスタッフと仕事内容がハッキリと区別されている職場を選ぶことが大事です。

在宅医療の現場でも薬剤師に対する需要が高まっている

高齢化率が高い地域では、近隣の病院や診療所に通えない高齢者に適切な医療を提供するため、在宅医療体制の整備が急務となっています。こうした現場では、医師や看護師など中心となって患者のケアに関わるスタッフだけでなく、処方薬の効能や副作用について患者に分かりやすく説明ができる薬剤師に対する需要も高まっています。

また、在宅医療の現場では高収入を得るのは難しいものの、大学病院や総合病院、特別養護老人ホームなどで高齢者と関わったことがある薬剤師については、採用時に基本給や手当などの面で優遇されることもあります。

高収入で働ける薬剤師の職場を選ぶ時の注意点

高収入で働ける薬剤師の職場は全国に多数ありますが、就職をしてからミスマッチを感じないようにするには、休職中に待遇ばかりに目を向けず、実際の業務内容や職場内で期待される役割などをよく確認することが重要です。

また、医療や介護などの現場の他に、製薬会社やドラッグストアなどの好条件の求人をチェックするのも良いでしょう。

関連サイト>>APOPLUS薬剤師 … 薬剤師転職https://apo-mjob.com/list/aichi